ホーム  >  健康診断・人間ドックのご案内  >  心臓血管ドックのご案内

心臓血管ドックのご案内

 

 我が国の最近の三大死因は1.がん2.心臓病3.脳卒中と発表(厚生労働省)され2.と3.を合わせると全死亡総数の30%近くになります。
 心臓病・脳卒中を起こす主な原因は動脈硬化です。心臓に血液を供給する血管を冠動脈と呼びますが、この冠動脈が動脈硬化によって狭窄や閉塞を起こし狭心症や心筋梗塞を発症します。しかし、冠動脈の狭窄が進行しても自覚症状が少ないか、まったく無症状の場合もあります。そのため突然の心筋梗塞や急性の心臓死に陥る可能性もあります。
 動脈硬化の危険因子は次のようなもので複数もっていると危険性は一層高まります。

  1. 高脂血症
  2. 高血圧
  3. 喫煙
  4. 糖尿病
  5. 肥満
  6. 高尿酸血症
  7. 運動不足
  8. 心的ストレス
  9. 家族歴(狭心症・心筋梗塞)
  10. 男性
  11. 加齢

冠動脈の狭窄病変の早期発見・早期治療はご家族の負担を軽減するだけでなく医療費の軽減にもつながります。当院でも新型CT装置を導入後、心臓の検査についての問い合わせも多いため、「心臓血管ドック」を始めることになりました。

 

心臓血管ドック・検査の内容

検査内容 (予約制 毎週火曜日に実施しています)

  • 身長・体重
  • 胸部エックス線写真
  • 心電図
  • 専門医による問診・血圧測定
  • 冠動脈造影CT(64列MDCT)
  • 頚部血管エコー
  • 動脈硬化検査(ABI・PWV)

料金  ¥20,500 (税込み)

結果の説明(予約の上、再度来院いただきます。)
※循環器内科医師より直接結果を説明いたします。

 

冠動脈造影CT(64列MDCT)

造影剤を使用し心臓の血管の撮影をします。

64列MDCT(PHILIPS)

64列MDCT
(PHILIPS)

冠動脈造影CT(64列MDCT)

※次の方は検査できません。

  • エックス線造影剤アレルギーのある方
  • 甲状腺疾患で治療中の方
  • 腎機能障害のある方
  • 10秒以上息止めできない方
  • 妊娠中や妊娠疑いのある方

 

頸部血管エコー

頚部の血管の状態を画像にして狭窄や石灰化の有無を検査します。

首の血管の内側に血栓(血の固まり)ができ、それが剥がれ脳に飛ぶと血管を詰まらせる「脳塞栓」となります。
リスクの高い高血圧、高脂血症、高尿酸血症の方に頚部エコーの検査をお勧めします。

 

動脈硬化検査(ABI・PWV)

両腕・両足首の血圧を同時に測定する検査です。

ABI(Ankle Brachial Pressure Index)

下肢動脈の狭窄・閉塞を評価する指標です。末梢動脈疾患は、心血管疾患・脳血管疾患など・他臓器障害との合併が多く見られることから、早期発見が重要とされています。

PWV(Pulse Wave Velocity)

脈波伝達速度のことで動脈壁の硬さの程度を表します。
血管が硬いほど、その速度は速くなります。
動脈硬化の早期発見は心疾患・脳血管疾患の予防になります。

 

※ 心臓血管ドックのオプションとして、脳ドックも予約受付できます。

    料金:脳ドック 28,080円(税込み)

※ 脳ドック単独では、お申し込みできません。

 

予約・お問い合わせ先

JR札幌病院 保健管理部
TEL 011-208-7158(直通)
問い合わせ時間 9:30~12:00  13:00~16:30
プリンタ用画面
前
人間ドックのご案内
カテゴリートップ
健康診断・人間ドックのご案内
次
各種健康診断のご案内

健康診断・人間ドックのご案内

地域医療連携センター

  • 採用情報
  • 各種申込用紙ダウンロード 
  • 機能評価認定
  • 北海道がん診療連携指定病院
  • 緩和ケアチーム

病院のご案内