ホーム  >  診療科のご案内  >  感染防止対策室

感染防止対策室

 

感染防止対策室の紹介

 当部署はJR札幌病院の基本理念に基づき、医療を必要とする患者とその家族、理念を果たすべきスタッフを医療関連感染から守り、安全で質の高い医療の提供をすることを目的とし設置され、医療関連感染の制御と感染対策の管理の活動をしています。
感染防止対策室には医師(専任)、薬剤師(専任)、臨床検査技師(専任)、看護師(専従・感染管理認定看護師)の4職種が在籍し活動しています。
平成24年4月より感染防止対策加算2を取得し活動しています。

主な活動

 感染管理プログラムの立案・運営を行い、感染対策委員会と連携し、感染管理および院内の感染防止対策に関する以下の活動をしています。

  • 4職撞による1回/週の院内ラウンド
  • 感染対策マニュアルの作成や改訂
  • 発見動向の監視、院内情報提供(サーベイランス)
  • 感染防止対策・管理に関する職員研修
  • 感染防止対策に関するコンサルテーション
  • 職員の健康管理(職業感染対策)            等
プリンタ用画面
前
薬剤科
カテゴリートップ
診療科のご案内
次
感染防止対策室