ホーム  >  ホットトピックス  >  お知らせ  >  初診時特定療養費の徴収について

初診時特定療養費の徴収について

お知らせ
初診時特定療養費の徴収について
掲載日: 2016-06-30 (14747 ヒット)

 

 

“初診時特定療養費(2,160円)を徴収致します。”

 

[ 初診時特定療養費とは ]

 病院と診療所の機能分担の推進を図るために国が定めた制度で、他の医療機関等からの紹介状なしに200床以上の病院において初診で受診した場合、通常の医療費の他に病院が定めた金額を徴収できるというものです。

 

当院で初診扱いになる場合

 ○ 他の医療機関より紹介状の持参がなく当院の各診療科を初めて受診される方

○ 歯科と歯科以外の科で、それぞれ初めて受診される方

※健康保険法上は別の取扱いとなるため

 ○ 病気が医師の診断で「治癒」となった後に再び受診される方

 ※上記に当てはまる方は、当院の診察券をお持ちであっても「初診時特定療養費」を

いただきます。

 

ただし、初診であっても下記に当てはまる場合は「初診時特定療養費」をいただきません。

  ● 他の医療機関からの紹介状を持参された場合

紹介状を当日持参するのを忘れた方は初診時特定療養費をいただきます。)

  ● 救急車での来院等、緊急の場合

(けが災害救急当番日、循環器呼吸器の救急当番日含む)

  ● 生活保護、特定の疾患や障害などで各種の公費負担を受給されている場合

   (なお、公費であっても「後期高齢者医療被保険者証」「高齢受給者証」

「乳幼児医療費受給者証」「ひとり親家庭等医療費受給者証」は特定療養費の対象となり、初診時特定療養費をいただきます。)

●今回受診する診療科は初めてになるが別の診療科に通院している場合                                    

 

 

 

                                                                                            病  院  長

 


印刷用ページ 

地域医療連携センター

  • JR札幌病院感謝祭2018
  • 採用情報
  • 各種申込用紙ダウンロード 
  • 機能評価認定
  • 北海道がん診療連携指定病院
  • 緩和ケアチーム

病院のご案内